創業1935年 梱包資材・包装資材を販売する「キタミ」

オリジナル輸送用ダンボール

きたみ.Netではお客様のご要望に合わせて オリジナルの発送用ダンボール をお作りします。
箱の形状から、内容物に合わせた 材質(厚み・強度)サイズ をご指定ください。
また社名や商品名、ブランドロゴなどの 印刷 も承っております。

それぞれの形状や材質ごと、得意とする専門工場で製造することで、確かな品質ベストプライス をご提供しております。
是非お気軽に、下記【オリジナル輸送用ダンボールのお問い合わせフォーム】よりご連絡ください。

※ダンボールの御見積に際しましてお願いがございます。
弊社は東京都世田谷区に所在しております。弊社もしくは弊社提携工場の配送エリア内への配達は可能ですが、エリア外のお客様に関しましては路線便発送でのご対応になってしまいます。
発送送料の関係上、納品先に応じて御見積が変わりますので、お問い合わせの際には、納品先ご住所 のご連絡をお願い致します。

また 弊社通販サイト『梱包名人』では規格の段ボールを多数販売しております。急なご入り用の際には合わせてご利用ください。発送箱の通販|梱包用品専門店【梱包名人】通販サイト

形状について

きたみ.Netでは、発送用ダンボールとして下記の「A式(みかん箱タイプ)」「底組式」「底ワンタッチ式」の3つの形状をご用意しております。形状ごとに特徴製造ロット に違いがございますので、ご用途・必要枚数に応じてお選びください。

A式(みかん箱タイプ)

A式(みかん箱タイプ)ダンボール

輸送箱として最もよく使われる『みかん箱』と呼ばれる形状です。
天面、底面ともにテープで貼って使用されます。

型が不要なため、初期費用として抜き型代もかからず、単価からみても最も経済的なかたちです。
製造ロットも一般材質で 50枚から と、少ない数量からご利用いただけることも特徴です。
もちろん、数量が増えるとさらに価格が下がりますので、コスト優先の場合はA式(みかん箱タイプ)がおすすめです。※極端に小さい場合は、A式の製造機に入らず型が必要になる場合もございますのでご確認下さい。

底組式

下組式ダンボール

テープを使用せずに底を閉じることができる形状です。
出荷量が多い場合、箱を組む際のテープを貼る工程が省けるため作業効率が上がります。
重量物でなければ底抜けの心配もありません。組み立て方もいたって簡単です。

天面は、「サック式」「A式」からお選びいただけます。

製造ロットは、打ち抜き機で製造するため 1000枚から となります。
また、初回に抜型が必要になりますので、A式にはない 初期費用(抜型代)がかかります。

底ワンタッチ式

底ワンタッチ式ダンボール

箱を広げると、底がワンタッチで組まれるタイプです。
下組式同様、底組時のテープ貼りが不要で、さらに組立が容易なため、作業効率の向上ならびに出荷時間の短縮(出荷量の増加)が期待できます。

天面は、「サック式」「A式」からお選びいただけます。

製造ロットは、製造工程の関係で 3000枚から となります。
コスト面は、初回抜型が必要で、かつ抜き工程の後に貼り工程も必要なため、同じ数量を制作した場合には3種類の中で最も高くなります。
数量が増えるにつれ、価格の差は少なくなりますので、出荷量の増加に合わせて是非ご検討ください。
移転用として設計された底ワンタッチ規格2サイズについては、当社で型を所有しておりますので、抜型代なし1000枚から 承っております。【移転引越用ダンボールはこちら】

材質(厚み・強度)について

ダンボールの厚み

梱包する品物に応じて、ダンボールの厚さをお選びいただくことができます。内容物や用途に応じて、厚さをご検討ください。

ダンボールの厚み

Aフルート(5mm) 最も一般的なダンボールの厚みです。
A式(みかん箱)・下組式 に使用可能です。
Bフルート(3mm) Aフルートの次に良く使われるダンボールです。
特に小さい箱にはBフルートの方がカチっとしたイメージに仕上がるのでおすすめです。
A式(みかん箱)・下組式・底ワンタッチ に使用可能です。
※Bフルートの場合、表白をご希望の場合には80サイズ程度の箱で200枚からとなります。
 少ない枚数では材料のご用意ができません。
Wフルート(8mm) 重量物の梱包に使用されます。商品の輸出に使用する際はWフルートをおすすめします。
主に、A式(みかん箱)に使用可能です。
※Wフルートの場合、表白は140サイズ程度の大きさで200枚からとなります。
 少ない枚数では材料のご用意ができません。

ダンボールの強度

ダンボールの強度は、表裏の紙(ライナー)と中の波波(中芯)の強さで決まります。

表裏の紙(ライナー)には、

《弱い》 C5 < K5(標準) < K6 < K7 《強い》

の4種類がありますが、通常ご指定がない場合には、きたみ.Netでは標準のK5を使用いたします。
特に重い物や大きい箱でない場合にはK5で問題ないかと思います。

波波の強さも種類がございますが、こちらは基本的に標準材質にてお作りしております。
まとまった数量であったり、特にご指定がある場合にはお問い合わせの際にご指示ください。

その他、お問い合わせ時に、内容物・数量・重さなど教えていただけましたら弊社にておすすめの材質での御見積をいたします。

材質の色について

ダンボールの色

ダンボールの色は、両面クラフトと、表白裏クラフトの2種類からお選びいただくことができます。

Wフルート(8mm)の場合、白色ダンボールは少量でご用意が難しくご対応が出来ない場合がございます。数量をまとめていただくなど、ご相談をさせていただきます。

サイズについて

ダンボールのサイズは、箱の内寸(内側の寸法)か、外寸(外側の寸法)かで指定します。通常の梱包では内寸を、外箱や棚等に入れる場合は外寸をお伝えください。

ダンボールのサイズは、内寸か外寸かを決めた上で、

縦:長い辺(mm) × 横:短い辺(mm) × 高さ:深さ(mm)

でご指定下さい。

箱の大きさを決める際の目安ですが内容物に対して内寸が

 商品が四角い場合 : 商品に対して、縦・横・高さともに+5mm程度大きく
 商品が丸い場合  : 商品に対して、縦・横・高さともに+2mm程度大きく
 形が不規則な場合 : この場合はご相談ですね…。

緩衝材(プチプチ)などを巻く場合はその分も大き目にご指定ください。
判断が難しい場合は内容物の大きさと梱包方法(緩衝材を使うかどうか等)をご案内いただければ結構です。

なかなか商品サイズぴったりのダンボールが見つからないことがあります。
箱が大きすぎると、その分すき間を埋めるために緩衝材をたくさん使用しなくてはなりません。内容物に合ったダンボールをお作りします。

印刷について

100枚からダンボールに印刷が可能です。

オリジナルで御社のロゴ・社名・住所・電話番号、最近ではホームページアドレスなどをダンボールに印刷致します。

通常のダンボールの印刷はフレキソ印刷になります。
フレキソ印刷を簡単にご説明致しますと、ハンコを押すようなイメージです。
細かい文字はにじんでつぶれてしまったり、細い線がかすれてしまったりといったことがどうしても起きてしまいます。
特にダンボール印刷は厚みがあるのと、波々があるのでどうしてもフラットでないため、細かい印刷が苦手です。

薄いダンボールになりますと、フレキソ印刷も比較的細かい印刷まで可能になっていきます。

版下は原則データー(Illustrator形式/アウトライン済み)でお願い致します。
版下データがない場合は、別途費用は掛かりますが、紙媒体やJPEG(ビットマップデータ)から版下データの作成も承っておりますのでご相談ください。

そのほか、ご不明な点はご相談ください。

ダンボール印刷の場合、印刷に使用するインクには限りがあります。
工場にある規定色の中から選択になります。DICやPANTONEなどによる色のご指定は頂けませんのでご了承ください。

規定色に関しましては、大まかな色の種類として

赤・青・黄・緑・橙・茶・紫・黒・白

がございます。それぞれ同系の色に数種類の色違いがあります。
大まかな色味が決まりましたら色見本の画像もご用意できますのでご相談ください。

オリジナル輸送用ダンボールのお問い合わせ

ご注文の流れ ご注文の流れ

お問い合わせ

梱包資材・包装資材のことなら、
おまかせください。

TEL:03-3424-3491 FAX:03-3412-9841

よくある質問と回答 お問い合わせ専用フォーム

TOP
Copyright (C) 2005 Kitami.Co.,Ltd. All Rights Reserved.