創業1935年 梱包資材・包装資材を販売する「キタミ」

r

昨年、海洋のプラスチックごみが大きな問題としてとりあげられました。大手コーヒーチェーン店のスターバックスでも紙ストローを導入するなど、大手を中心に対応が始められています。

プラスチックに関してはこれまでも、廃棄物としての問題はもちろんのこと、石油は有限だといわれ資源問題、それからCO2などの地球温暖化問題などの色々な課題と直面してきました。

こうしたプラスチックの問題に対して昨年末、『容器包装リサイクル法』が改正されました。

「レジ袋の有料化」 です!!

経済産業省のホームページでは『普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的』とすると明示されています。

有料化の対象はレジ袋だけではありません。
手穴付のポリ袋や手提げ付のポリ袋も対象となります。

そうした、持ち帰り用のポリ袋を使用している事業者は、規模の大小に関わらずレジ袋を有料化にして、お客様からレジ袋代をいただくことが義務付けられます。

義務化は、今年2020年7月~開始となります。
普段、レジ袋を使用されている方は早急に対応が必須です。

ただし、次の条件を満たした場合には有料化の対象外となることが可能です。

1.バイオマス成分(植物由来の原料)を25%以上配合したポリ袋

2.厚みが50ミクロン以上の厚みがあるポリ袋。
  ただしこちらは、袋に

  「この袋の厚みは50マイクロメートル(ミクロン)以上です。ご使用後も繰り返し袋としてご利用ください。」

  と印刷表記が必要になります。

3.海洋生分解性樹脂配合率100%のポリ袋。
  これは、現時点では現実味がありませんが・・・。

3.はさておき、レジ袋はほぼ1.の対応が求められます。もしくは有料化にするかです。特に印刷の入ったレジ袋を使用されているお客様は7月義務化ですので、1.の対応をしたレジ袋に切り替えるタイミングに注意が必要です。

きたみ.Netでもバイオマス成分25%以上に対応をしたレジ袋の別注を承っております。
ご希望ございましたら、是非ご相談ください。

また、既製品にて対応レジ袋も今後ラインナップされていく予定です。こちらも弊社通販サイト【梱包名人】にてご紹介してまいります。

キタミも店舗がございます。店舗のレジ袋は有料化にするか、バイオマス対応レジ袋を使用していくか、今後の動向をみながら判断していきたいと思います。
ただ、海外では有料になっている国も多いです。
最初海外のコンビニで当たり前にレジ袋代がとられた時には驚きましたが、それが当たり前なのだと思うと何とも思わないものです。
かえってレジ袋はゴミ袋にも使用できるので有料でも貰ってしまいます。
日本も今後そうなっていくのかもしれません。

ただ実際は、

~レジ袋が本当に必要なのかを考えて、ライフスタイルを見直すこと~

が目的であり、

~プラスチックの使用を減らす・プラスチックごみを減らすこと~

が求められているのだと思います。
そのためには、バイオ原料を使用したレジ袋を従来通り、当たり前に使用していたのでは、今回の目的には合致しないのではないでしょうか。必要な人だけが有料でレジ袋を購入する方が良いのかもしれません。

7月まで、もう半年を切っています。
早急に対応を検討していく必要があると思います。

もし、何かございましたらきたみ.Netまで何なりとご相談ください!!

TOP
Copyright (C) 2005 Kitami.Co.,Ltd. All Rights Reserved.